アンセリンを構成する要素と効果について

アンセリンを構成する要素と効果について

アンセリンは天然に生成されるアミノ酸であるβ-アラニンと、筋肉中に存在するメチルヒスチジンという2つのアミノ酸が結合してできているペプチドの1種だそうですで、多くの生物の体内の成分のひとつとして保持しているそうです。

どちらかというと陸上に生息している生物よりも、魚などのように水中に生息している生物の体内に多く含まれているようですが、陸上に生息している生物でも、鳥類の筋肉には多く含まれているそうです。

アンセリンは魚に多く含まれていたせいか、最初は魚のうま味成分のひとつとして注目されたようで、カレイやタラのうま味成分のひとつとして挙げられていますし、マグロやカツオなどもこれが豊富に含まれているのがおいしい理由のひとつとなっているようです。

ただ最近はそのようなこと以上に、疲労回復効果の高さや、体内の老廃物の生成を抑止したり、体外への排出を促進したりする効果の方が注目されるようになってきているようです。

それ以外にも老化防止の効果もあるそうです。

疲労回復に効果があるアンセリン

マグロなどの大型の回遊魚は、海中をかなりの高速で泳ぐことができるそうで、瞬間的には時速80kmぐらいで泳ぐこともできるそうです。

またマグロは体を通り抜ける海水から酸素を取り込んで呼吸するので、泳ぐのをやめると窒息してしまうので、絶えず泳いでいる必要があるそうです。

アンセリンとは

そのためには、どれだけ動き続けても疲労を蓄積させずに、動き続ける必要がありますが、それを可能にしているのが、マグロの体内に豊富に含まれているアンセリンだと考えられているようです。

マグロに限らず大型の回遊魚が体内に豊富に含んでいるアンセナリンには、体を動かすことでできてしまう乳酸の生成を抑制できる働きがあるそうで、そのおかげで疲労が蓄積することなく、短期間で疲労を回復できる効果があるそうです。

これはマグロなどの回遊魚に限った話ではなく、人間の場合もあてはまるようで、アンセリンを継続的に摂取しておけば、日常生活で感じる疲労を軽減したり、蓄積した疲労の回復を早めたりする効果が期待できるようです。